節分

| 未分類 |
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
[`buzzurl` not found]

皆さん、ご存知でしたか?節分って年に1回だけではないんです節分の由来・意味は、季節を分けるという意味もあり、春夏秋冬の季節の始まりは、すべて節分なんです。 つまり1年に4回、それぞれの季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前の日節分の日となるんです

この中で一番有名なのが立春の前の日にあたる2月3日です。日本では、昔から立春が一年の始まりとされていたので、この日が一番良い日とされていたため、行事として今も残ったと言われています

【豆まき】一年の始まりが立春(2月4日)ということは、その前日(2月3日)は昔の『大晦日(おおみそか)』ということになるんですつまり、この日(2月3日)に一年の厄を払って、次の年を迎えるということで厄除け=鬼に豆まきをしてやっつけるようになったんです。

yjimage[6]

【恵方巻き】恵方巻は、太巻きを節分の夜にその年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじり(丸かぶり)するのが習わしとされています。また、「目を閉じて食べる」「笑いながら食べる」という人ももともとは太巻きには7種類の具材を使うとされています。この7という数字は七福神に関係した縁起物とされてきました。しかしながら、節分に恵方巻きを食べるのは日本全国に昔からある風習では無かったようです。いろんな説があり、発祥や由来は謎ですが、これほど恵方巻きが日本全国に広まったのには、1998年(平成10年)に販売業者(セブン-イレブン)さんが商品を売るために始めていったのがきっかけと言われています。バレンタインチョコとかと一緒という訳ですね

250px-Eho-maki_by_zenjiro[1]

また、円柱状が類似しているというだけで、本来の太巻きとは全く関係がない「ロールケーキ」や「カス巻き」(カステラを巻いた物)などの食べ物においても恵方巻的な商品が各種展開されていますこれまた、ダイエッターには、怖い敵

ロールケーキ

ダイエッターの皆さんは「太巻き」を一気に食べるのではなく、野菜などの具での「中細巻」や「手巻き寿司」にして、良く咀嚼しながら、ゆっくり食べましょうネ

 

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on FC2 Bookmark
[`buzzurl` not found]

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.